おくやみの言葉を海外の方に送るなら、KDDIの国際サービスがお徳ですよ


お悔やみ電報・おくやみの言葉を海外の方に送ろう。

そんな事を思っている方もいるかもしれませんね。

例えば、海外に住んでいる恩師が亡くなったのでお悔やみの電報を送ろうとか。

イタリア カナダといった所にいる友人が死去したので、弔電を送るつもりの方もいるかもしれませんね。

そういった時には、KDDIの国際サービスを使うのがオススメですよ。

これは、私も海外にお悔やみの電報を送るときに利用したことがある物です。

今から5年ほど前の話でしょうか。

私は海外にホームステイに行きました。

その時に、国外の方と親しくなったのですが、その人が少し前に亡くなりました。

そこで、お悔やみの電報を送ることにしたのですが、その時に利用したのがKDDIの国際サービスです。

これは、とっても料金が安いことで人気の郵送方法。

通常の価格よりも一文字辺りの値段が安く設定されており、一回辺り2〜3万円ほどで送ることが可能です。

あなたもアメリカ イギリスといった所に住んでいる知り合いが亡くなった際、お悔やみの電報を郵送こともあるでしょう。

その時には、KDDIの国際サービスを使っておくやみの言葉を送るといいかもしれませんね。

話は変わりまして、お悔やみ電報・弔電とは、法事 葬儀 葬式 冠婚葬祭といった訃報の際、挨拶 返事が出来ないときや出席を辞退する時などに喪主に送る、弔意を表わす電文のこと。

KDDI NTT西日本のサイトや電話番号「115」から申込・申し込みを行なう事ができます。

ところで、お悔やみの電報の事で良くされる質問の種類は、次の通り。

会社としての香典の出し方 依頼に対するお礼状。

その他、弔電と供に送られてきた生花の返しはするのか 葬儀委員長への挨拶の仕方 兄弟に送るときの宛名の書き方 受取人の名称がわからない場合などのお悔やみの電報の質問があるみたい。

これらは、私も過去に困った事がある内容で、非常に苦労しながら作った物です。

お悔やみ電報の詳しい事は、教えてgooやはてなダイアリーなどのサイトを参考に。

世界の葬儀の事等が載っており、面白いですよ。
| 文例

英文で書いた弔電を海外に送るつもりでしたら、その文章の書き方に注意しましょうね


お悔やみ電報・弔電を海外に送るつもりでしたら、英文の文章の書き方に注意しましょうね。

ここから先は、そのことを説明していきたいと思います。

英文で書いたお悔やみ電報・弔電を海外に送ろうと考えている人もいるでしょう。

例えば、国外に住んでいる親戚の叔母さんが亡くなったとか。

昔、海外に行った時に知り合った友人が死去したといった理由でお悔やみ電報を送ろうとしている人もいるでしょう。

それでしたら、その英文の書き方に注意してくださいね。

なぜなら、海外の宗教の場合には葬式の内容が変わってくるからです。

例えば、キリスト教では葬式は神さまの元にいけるということでお祝い事です。

一方、仏教の葬儀は、亡くなった人を悼むものです。

それが、お悔やみの電報の英文の書き方に影響してきます。

ですので、海外に弔電を送る際は注意してくださいね。

話の内容は変わりまして。

お悔やみ電報とは、通夜 法事 葬儀 葬式 冠婚葬祭 告別式 友人の別れ会といった訃報の際、書かれる文章。

または、相手方に依頼・手配して、送ってもらうメッセージの事をいいます。

お悔やみの電報のマナーには、次のような種類がある。

1 キリスト教 カトリックに書く際の英文・英語での「ご冥福」の書き方
2 お悔やみの電報の披露の仕方 返礼状はいつ送るのか
3 死亡通知の知らせを受けたら、即日に枕花を送っていいのか

などのおくやみの電報の質問がある。

これらは、私の知り合いも困った事がある内容みたいで、NTTの例文をみてやっと作ったと話していました。

お悔やみ電報の詳しい事は、はてなダイアリー wiki ヤフー知恵袋などのサイトを参考に。

これをもらったときの御礼の書き方や。

お悔やみの電報に花束を付けて送る場合のコツなどが載っており、ためになりますよ。
| 宛名

おくやみの言葉の文を作る時は、祖母といった敬称を間違えないようにしよう


お悔やみ電報・おくやみの言葉の文を作る時は、祖母といった敬称を間違えないようしましょうね。

ここから先は、そのことについて説明していきたいと思います。

お悔やみ電報・おくやみの言葉の文を作るときには、注意が必要です。

それはなんだかあなたは分かりますか。

一度でもお悔やみ電報を作ったことがある人でしたら分かるかもしれませんね。

注意する事とは、マナー・作法の部分です。

お悔やみの電報というのは、こういった決りがたくさんあります。

例えば、敬称。

普通に手紙を書く場合には、あまりこういった事は注意しませんよね。

しかし、お悔やみの電報の文を作るときには違います。

祖母 お舅様 お父上様 お父様といったたくさんある敬称を間違えないように使い分けていく必要があります。

このように、お悔やみの電報の文を作る時というのは、決りがあります。

ですので、間違えないように注意しましょうね。

なお、上であげた祖母といった敬称の部分は特に難しいです。

ここは十分に気をつけてくださいね。

話は変わりまして。

お悔やみ電報・弔電とは、法事 葬儀 冠婚葬祭 告別式 友人の別れ会といった訃報の際、挨拶 返事が出来ないときなどに喪主に送る、おくやみを表わす電文の事。

郵便局のレタックスやAU・KDDIのサイトで申込・申し込みを行なう事ができます。

お悔やみの電報の決まりごとの種類には、次のようなことがあげられる。

1 49日法要のあいさつの仕方 台湾などの海外の場合は
2 おくやみの電報をFAXで送る際のマナー あて先の差出人の書き方
3 あて先・宛先の送り方・いつ送るか 挨拶状をおくるタイミング

などのおくやみの電報の決まり事があるみたい。

これらは、わたしの友人も過去に困った事がある内容で、NTTの文例を見ながら作ったそうです。

お悔やみ電報の詳しい事の知りたい方は、このブログの他 はてなダイアリーなどのサイトを参考に。

これを英文で作るときのコツや。

お悔やみの電報をアメリカ フランスといった海外に出す時の注意点等が載っていますよ。
|

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。