弔電の電文を作るときには、NTTのホームページにある文例集を参考にするといいですよ


お悔やみ電報・弔電の電文を作るときには、NTTのホームページにある文例集を参考にするといいですよ。

ここから先は、そのことについて説明していきたいと思います。

お悔やみ電報・弔電の電文を作ろうと思っている人もいるでしょう。

例えば、親戚の方が事故に巻き込まれて亡くなったとか。

知り合いの人からお悔やみ電報を作ってくれと依頼されたといった時に電文を作ることもあるでしょう。

そういった時には、注意が必要です。

それはなんだか分かりますか。

注意する事とは、マナーの部分です。

お悔やみの電報の電文は手紙・レターの作るような感じで作っていては失敗してしまいます。

これには、決まりごとがあり、それを守って作成していく必要があります。

ですので、お悔やみの電報の電文を作るときには十分に気をつけてくださいね。

なお、これをスムーズに作りたいなら、NTTのホームページにある文例集を参考にするといいですよ。

ここを使った事がある人なら分かると思いますが、非常に便利です。

すでにお悔やみの電報の電文が出来上がっていますので、いくつか単語を書き直すだけで仕上げることができます。

これを素早く作りたいなら、NTTの文例集を利用するといいでしょうね。

話の内容は変わりまして。

お悔やみ電報とは、葬儀 葬式 冠婚葬祭 友人の別れ会といった訃報の際に、出席を辞退する時などに喪主に送るおくやみを表わす電文のこと。

これは、AU・KDDI NTT西日本のサイトや電話番号「115」から申込を行なう事ができます。

ところで、お悔やみの電報にはいくつものマナーがある。

その種類は、次のとおり。

1 密葬 神式 カトリック・キリスト教の際は 依頼人の宛名の書き方
2 おくやみの電報を携帯のメールで打つやり方 お返しのタイミング
3 あて先・宛先の送り方 ビジネス マナーを守って御礼・お礼状を打つ際の注意点

などのお悔やみの電報に関する質問があります。

これらは、私も過去に困った事がある内容で、友人に相談しながら作ったものです。

お悔やみの電報の詳しい事が知りたいのでしたら、このブログ・BLOGの他 NTT電話サービスなどを参考に。

ご尊父様 お父様 お父上様 父君 ご亡父様 ご先代といった敬称の使い方や。

お悔やみ電報を素早く作るコツなどが載っていますよ。
| NTT
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。