おくやみの言葉の文を作る時は、祖母といった敬称を間違えないようにしよう


お悔やみ電報・おくやみの言葉の文を作る時は、祖母といった敬称を間違えないようしましょうね。

ここから先は、そのことについて説明していきたいと思います。

お悔やみ電報・おくやみの言葉の文を作るときには、注意が必要です。

それはなんだかあなたは分かりますか。

一度でもお悔やみ電報を作ったことがある人でしたら分かるかもしれませんね。

注意する事とは、マナー・作法の部分です。

お悔やみの電報というのは、こういった決りがたくさんあります。

例えば、敬称。

普通に手紙を書く場合には、あまりこういった事は注意しませんよね。

しかし、お悔やみの電報の文を作るときには違います。

祖母 お舅様 お父上様 お父様といったたくさんある敬称を間違えないように使い分けていく必要があります。

このように、お悔やみの電報の文を作る時というのは、決りがあります。

ですので、間違えないように注意しましょうね。

なお、上であげた祖母といった敬称の部分は特に難しいです。

ここは十分に気をつけてくださいね。

話は変わりまして。

お悔やみ電報・弔電とは、法事 葬儀 冠婚葬祭 告別式 友人の別れ会といった訃報の際、挨拶 返事が出来ないときなどに喪主に送る、おくやみを表わす電文の事。

郵便局のレタックスやAU・KDDIのサイトで申込・申し込みを行なう事ができます。

お悔やみの電報の決まりごとの種類には、次のようなことがあげられる。

1 49日法要のあいさつの仕方 台湾などの海外の場合は
2 おくやみの電報をFAXで送る際のマナー あて先の差出人の書き方
3 あて先・宛先の送り方・いつ送るか 挨拶状をおくるタイミング

などのおくやみの電報の決まり事があるみたい。

これらは、わたしの友人も過去に困った事がある内容で、NTTの文例を見ながら作ったそうです。

お悔やみ電報の詳しい事の知りたい方は、このブログの他 はてなダイアリーなどのサイトを参考に。

これを英文で作るときのコツや。

お悔やみの電報をアメリカ フランスといった海外に出す時の注意点等が載っていますよ。
|
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。