おくやみの言葉を海外の方に送るなら、KDDIの国際サービスがお徳ですよ


お悔やみ電報・おくやみの言葉を海外の方に送ろう。

そんな事を思っている方もいるかもしれませんね。

例えば、海外に住んでいる恩師が亡くなったのでお悔やみの電報を送ろうとか。

イタリア カナダといった所にいる友人が死去したので、弔電を送るつもりの方もいるかもしれませんね。

そういった時には、KDDIの国際サービスを使うのがオススメですよ。

これは、私も海外にお悔やみの電報を送るときに利用したことがある物です。

今から5年ほど前の話でしょうか。

私は海外にホームステイに行きました。

その時に、国外の方と親しくなったのですが、その人が少し前に亡くなりました。

そこで、お悔やみの電報を送ることにしたのですが、その時に利用したのがKDDIの国際サービスです。

これは、とっても料金が安いことで人気の郵送方法。

通常の価格よりも一文字辺りの値段が安く設定されており、一回辺り2〜3万円ほどで送ることが可能です。

あなたもアメリカ イギリスといった所に住んでいる知り合いが亡くなった際、お悔やみの電報を郵送こともあるでしょう。

その時には、KDDIの国際サービスを使っておくやみの言葉を送るといいかもしれませんね。

話は変わりまして、お悔やみ電報・弔電とは、法事 葬儀 葬式 冠婚葬祭といった訃報の際、挨拶 返事が出来ないときや出席を辞退する時などに喪主に送る、弔意を表わす電文のこと。

KDDI NTT西日本のサイトや電話番号「115」から申込・申し込みを行なう事ができます。

ところで、お悔やみの電報の事で良くされる質問の種類は、次の通り。

会社としての香典の出し方 依頼に対するお礼状。

その他、弔電と供に送られてきた生花の返しはするのか 葬儀委員長への挨拶の仕方 兄弟に送るときの宛名の書き方 受取人の名称がわからない場合などのお悔やみの電報の質問があるみたい。

これらは、私も過去に困った事がある内容で、非常に苦労しながら作った物です。

お悔やみ電報の詳しい事は、教えてgooやはてなダイアリーなどのサイトを参考に。

世界の葬儀の事等が載っており、面白いですよ。
| 文例
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。