弔電の文章の文面を作るときは、常識・決り事を守りましょう


お悔やみ電報・弔電の文章の文面を作るときは、常識・決り事を守って書きましょうね。

ここから先は、そのことを少し説明していきたいと思います。

この記事を読んでいる方の中には、お悔やみ電報・弔電の文章の文面を作ろうと思っている人もいるでしょう。

それでしたら、マナー・常識を守って作成しましょうね。

お悔やみ電報というのは、決まりがたくさんあります。

例えば、忌み言葉。

これは、冠婚葬祭 受験 就職の際などでは縁起をかつぐ意味で使用しないように気をつける単語のことですが、お悔やみの電報の文章の文面を書くときには、次のような事がそれになります。

直接「死」を表す言葉になる、「死亡」や。

その他、不幸が来る事を連想させる、「再び また 追って」等があります。

このように、お悔やみの電報の文章の文面を書く時には、決まりがたくさんある。

ですので、常識を守りながら、注意して書いていきましょうね。

話は変わりまして。

お悔やみ電報とは、法事 葬儀 葬式 冠婚葬祭といった訃報の際、挨拶 返事が出来ないとき 出席を辞退する時などに喪主に送る、哀悼の意を表わす電文のこと。

郵便局のレタックスや電話番号「115」から申込・申し込みを行なう事ができます。

お悔やみの電報の事で良くされる質問の種類は、次の通り。

1 兄弟に送るときの宛名の書き方 受取人の名称がわからない場合
2 おくやみの電報の依頼に対するお礼状 宛先喪主と葬儀委員長への挨拶の仕方
3 会社としての香典の出し方 生花のお返しはするのか

などのおくやみの電報の質問があります。

これらは、多くの人が悩んでいる内容で、たまにラジオや新聞でも取り上げられています。

お悔やみ電報の詳しい事は、葬儀屋のホームページや教えてgooなどのところを参考に。

ご令兄 お兄様 ご弟様 ご令弟といった敬称のことや。

お悔やみの電報を海外に英文で出す時のマニュアル等が載っており、役に立ちますよ。
| 例文

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。