英文で書いた弔電を海外に送るつもりでしたら、その文章の書き方に注意しましょうね


お悔やみ電報・弔電を海外に送るつもりでしたら、英文の文章の書き方に注意しましょうね。

ここから先は、そのことを説明していきたいと思います。

英文で書いたお悔やみ電報・弔電を海外に送ろうと考えている人もいるでしょう。

例えば、国外に住んでいる親戚の叔母さんが亡くなったとか。

昔、海外に行った時に知り合った友人が死去したといった理由でお悔やみ電報を送ろうとしている人もいるでしょう。

それでしたら、その英文の書き方に注意してくださいね。

なぜなら、海外の宗教の場合には葬式の内容が変わってくるからです。

例えば、キリスト教では葬式は神さまの元にいけるということでお祝い事です。

一方、仏教の葬儀は、亡くなった人を悼むものです。

それが、お悔やみの電報の英文の書き方に影響してきます。

ですので、海外に弔電を送る際は注意してくださいね。

話の内容は変わりまして。

お悔やみ電報とは、通夜 法事 葬儀 葬式 冠婚葬祭 告別式 友人の別れ会といった訃報の際、書かれる文章。

または、相手方に依頼・手配して、送ってもらうメッセージの事をいいます。

お悔やみの電報のマナーには、次のような種類がある。

1 キリスト教 カトリックに書く際の英文・英語での「ご冥福」の書き方
2 お悔やみの電報の披露の仕方 返礼状はいつ送るのか
3 死亡通知の知らせを受けたら、即日に枕花を送っていいのか

などのおくやみの電報の質問がある。

これらは、私の知り合いも困った事がある内容みたいで、NTTの例文をみてやっと作ったと話していました。

お悔やみ電報の詳しい事は、はてなダイアリー wiki ヤフー知恵袋などのサイトを参考に。

これをもらったときの御礼の書き方や。

お悔やみの電報に花束を付けて送る場合のコツなどが載っており、ためになりますよ。
| 宛名

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。